オフセットにおける基礎知識

自動車のホイールのオフセットは、タイヤのホイールの中心と取り付け面となるディスク部との距離をmm単位の数値で表したものです。
ホイールの中心よりも外側に取り付け面がある場合はプラスの数値で表され、ホイールの中心よりも内側に取り付け面がある場合はマイナス数値で表します。
この数値が小さくなると、タイヤが外側へ移動しホイールに奥行きがある様に見えます。この数値が大きくなると、タイヤが内側へ移動しタイヤのサイドウォールとホイールの取り付け面の段差が少なくなります。
インチアップや幅の広いホイールに交換する際には、この数値でボディーの外にタイヤがはみ出したり、タイヤハウスの内側やサスペンションに接触したりしない様に調節します。
幅の広いホイールに交換する場合は、インターネットに車種と年式、装着するタイヤのサイズを入力すれば、違反にならない無難な数値を簡単に知る事が出来ます。出来るだけボディーとタイヤのサイドウォール面を合わせたい場合は、車体側のホイール取り付け面とフェンダーまでの長さを差し金などで測り、装着予定のホイル幅寸法から測定値を差し引き半分にした数値が、フェンダーとピッタリの数値です。ホイールと車の取り付け面の間にスペーサーを挟んで調整をする方法もあります。

Filed under: 未分類 — moko 4:08 PM